40歳で人付き合いをリセットしました

毒親・友達なし・引きこもり・人生折り返しの四十路がちらしの裏に殴り書き気分でありのままを綴ります

羽を休める場所を

毎日 ただ なんとなく 生きている

親と絶縁

夫と不仲

 

それでも 四十路は生きていく

 

人とうまく 付き合う事が出来ない事は よくわかったので

交友関係を広げる事は していない

 

むしろ 狭めている

 

出会いと別れの春も

四十路にとっては 後者のみで

気持ちの上で 絶縁した人が 2人いる

 

ただただ 四十路は 子供3人が 将来巣立った時に

羽を休める場所と なれれば 良いと思っている

 

四十路には

 

里帰りする場所も

甘えさせてくれる親も

話を聞いてくれる親も

助けてくれる親も

何もなかったから

ただただ孤独で寂しい 40年だった

 

とは言え 反抗期を迎えた長女を見ていると 四十路の事も邪険にするので

寂しいものだ

 

それでも いつか あの子達の 羽の休まる場所を提供出来る日が来ることを信じて

生きていくしない