読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳で人付き合いをリセットしました

毒親・友達なし・引きこもり・人生折り返しの四十路がちらしの裏に殴り書き気分でありのままを綴ります

黒い心

3月に入ってすぐ 知り合い3人で会った

 

四十路より一回り上の2人は 実家の両親が最近呆けてきている

そんな話をしていた

 

うち一人は 土地持ちのお嬢様で

幼い頃から 物は欲しいと思う前に買い与えられていた

そんな話をしていて

 

50を過ぎた今でも 家 車 日々のお小遣いまで貰っていると

親が亡くなったあとも賃貸収入で十分すぎる程の暮らしが可能である事を

話していた

 

親の事が大切だという事もよく伝わってきた

 

四十路には 大切にしたい親もいない

幼少期から罵られ 

貧しかったので 最低限の義務教育+県立高校への進学+安い専門学校か短期大学までを

許された

 

それでも事あるごとに恩着せがましくされて うんざりだった

 

なぜこうも違うのだろうか

 

同じ女に産まれて

 

幼少期から蝶よ花よと育てられて 幼い頃から受験をして 十分な嫁入り道具となる お嬢様学校に入れて貰えて

大人になっても小遣いまで与えられる者と

 

四十路のように 貧しく暗い家で 罵られ

逃げるように結婚して 親と縁を切るもの

 

自分の生育環境は選べない

 

卑屈になってしまった

 

また

 

頑張らないと