読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳で人付き合いをリセットしました

毒親・友達なし・引きこもり・人生折り返しの四十路がちらしの裏に殴り書き気分でありのままを綴ります

満たされるコップと心の穴

物心ついたときから

 

人を羨んでいた

 

貧しくお下がりとぼろ服ばかりで育てられ

ヒステリックな毒母との暮らしは 今思い出しても最悪でした

 

四十路は愛される事を知らない

孤独な子供でした

 

子供は生まれるときにコップを1つ持って 産まれてくるとか

 

そのコップを両親や周囲の方々の 沢山の愛情で溢れんばかりに満たして上げる

 

もう溢れそうとなったころに 自立した大人として 一人で生きてゆく

 

四十路は コップが満たされることはなく 年齢ばかりは大人となり

今でも 心に大きな穴があり その孤独と戦っている

 

親に愛されるという事は 人生において 何よりも幸せで その後の本人の人生をも安定させる物になるのでしょう

 

逆を言えば 親に愛される事を知らない人間は この世の中で 人の何倍も行き辛い人生を歩むことになるでしょう

 

今日も 寂しくて孤独な1日がスタートする

 

親と絶縁した今でも 親を思い出さぬ日はない

一度で良いから 四十路を認めて欲しかった

一度で良いから 褒めて欲しかった

 

親からの愛を知らない所か 彼等にはとうに諦めている事に いまだに拘ってしまう

一生実現することのないファンタジーのように

 

 

騙し騙し 生きていくしかないんだ