読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳で人付き合いをリセットしました

毒親・友達なし・引きこもり・人生折り返しの四十路がちらしの裏に殴り書き気分でありのままを綴ります

あたしは悪い子

幼い頃 

母が四十路を叩くのも

父が四十路を蹴る事も

 

毎日イライラして怒鳴られる事も

 

何か気に食わない事をしてしまったら 1時間も2時間も必死に誤り続ける事も

 

すべて あたしは悪い子だから しかたないんだ

なんで あたしは良い子じゃないんだろう

 

そんな風に思っていた

 

高校生になると 視野が広がり 他の家庭を見る機会も増えて

四十路が悪い子なのではなく 両親がおかしい

薄らと気付き始める

 

その頃から 四十路は隠れて 悪い事ばかりをするようになる

あたしは悪い子だから怒られるんだ 耐えていた少女時代から一転して

進んで悪い事をするようになり 本当の悪い子になってしまった

 

ずっと虐げられていて 自分を大切にする方法なんてわからないから

隠れて 言えないような事ばかりしていた

当時 ばれたら どうなるなんて まったく考えなかった

でも 心は確実に擦り切れていた 

 

あの頃の四十路にあって 今のあたしが抱きしめてあげたい

 

あれから数十年がたち

 

大人になり 家庭を持ち うちの親はおかしい

もう何も求めない上で 出来る範囲のお礼をして行こう

長年そう考えていたのに 昨年それも終わりを迎えた

 

親と事実上の絶縁をして 

 

とてもスッキリした

 

された事

言われた事

今でも苦しんでいる事

 

初めて伝えられたから

 

もう これで全てを終わりにしたい

 

親の顔なんて2度と見たくもない