読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳で人付き合いをリセットしました

毒親・友達なし・引きこもり・人生折り返しの四十路がちらしの裏に殴り書き気分でありのままを綴ります

それさえも

小学校の高学年の頃だったかと思う

 

明星の付録で光GENJIのポスターがついていた

嬉しくて部屋の机の横に貼ってみる

部屋と言っても貧しい四十路家は当然一人部屋ではなく

皆で寝る和室の隅に机をおいてもらっていた

 

どう何を工夫しても可愛い部屋にはならなかったけれど

ポスターを貼って 少し嬉しくなったり

それをみつけた母親は四十路に正座をさせて向かい合って一言



あのね あんたが風邪をひこうと病気になろうと 彼等は助けてはくれないから
こーゆう物にお金使うのやめてよ

 

母親の言いたい事はなんとなく伝わってきた

 

意味以上につまりポスターすら貼る自由すら 自分にはない

母親が去った後に黙ってはがして机に入れた

 

小学生の子供が 芸能人に憧れるのも駄目なの  ?

順調に成長しているじゃない

 

四十路には部屋に好きなアイドルグループのポスターを貼る自由もなかった

なんでもかんでも自分の思い通りにならないと怒り狂う母親

 

思い出すだけで許せない