読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳で人付き合いをリセットしました

毒親・友達なし・引きこもり・人生折り返しの四十路がちらしの裏に殴り書き気分でありのままを綴ります

毒親連鎖

毒親育ちの連鎖

 

四十路はあんな親にはなりたくない

 

そのように固く決意した筈なのに 子供の成長に伴い

まるであんな親になってしまう事が多々あり 落ち込む

 

母親は常にヒステリックで恨みがましく恩着せがましく

 

人を見れば鬼と思え

一寸先は闇

 

そんな事しか言われてこなかった

 

貧しく夫婦仲も悪く その鬱憤を晴らす為に四十路は傍に置かれたようなものだったと思う

 

何か気に食わない事があると 1時間でも2時間でも延々と謝る

能面のような顔で黙々と家事をこなす母親に ひたすら張り付いて追いかけまわして

ごめんなさい と何度も繰り返す

 

生活能力を持たない幼児は そうしなければどうなるかわからない恐怖で 自分のした事が悪い事なのかも もう忘れている ただただ必死に謝り続ける

 

いったい何の為の時間だったのだろう 

 

 

往復ビンタは外出時でも家でも日常茶飯事

 

叩かれた後の耳の奥からキーンとなる感覚 そのあとにくる頬の痛み 腫れ

今でも忘れない 思い出すと胸が苦しくなる

 

二言目には出ていけ

 

父親も母親も優しさの欠片もない人間

 

ある程度大人になるまで 親というのはどこの家庭でも支配的ですぐに手を挙げて恐ろしい存在だと信じていた

 

あんな親にはなるまい

そう誓って親になった筈が

 

3人の子供に対して あの母親のような発言やふるまいをしてしまう時がある

育てられたようにしか育てられない皮肉な連鎖

 

ごめんね 子供たち

これからも毎日反省して考えて 毒親連鎖にだけはならぬよう頑張るから