読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳で人付き合いをリセットしました

毒親・友達なし・引きこもり・人生折り返しの四十路がちらしの裏に殴り書き気分でありのままを綴ります

生きたいように生きる

物凄く不快な ママ友達がいる50を越えたそのママ友四十路と同じ 3人の子持ち もう 子供の年齢も大きいので自分の人生を謳歌すればよい物をやたらと 四十路を詮索してくるものだから たまらないなんでも実家の親は弁護士で 子供3人の学費は 夫に甲斐性が…

安月給

低能で 非常識で 現実逃避ばかりして 何事にもいい加減な夫は 安月給を渡して それで 子供3人を育て 家のローンを支払い 普通に生きていけていると 思っているらしい 少し考えれば あんたの収入が 子供を3人も育て 家のローンを支払い 家族が食べていける…

甘えたい

40歳にもなって ただただ 誰かに甘えたい時がある 個人的に頼ると 最終的には裏切られる事が 多いのでそんな時は 秘密の場所 で 甘える誰にも言えない場所 そこでお姫様のように可愛がられ 時に 女王蜂のように 多くの雄に求められ 先日 そんな場所で行っ…

羽を休める場所を

毎日 ただ なんとなく 生きている親と絶縁 夫と不仲 それでも 四十路は生きていく 人とうまく 付き合う事が出来ない事は よくわかったので 交友関係を広げる事は していない むしろ 狭めている 出会いと別れの春も 四十路にとっては 後者のみで 気持ちの上で…

自己肯定感

何故 こんなに 主人を嫌いになったのだろう寝室を別にしてから 益々 気持ちも遠のく 主人は 裕福な家に育ち 十分すぎる程に父母の愛情を受ける 納得の行くまで勉学にも不安なく打ち込み あなたは常に最高だ という教育を受けているので 自信に満ち溢れている…

さよならボスママ

長女の時のママ友達 付き合いは10年以上に及ぶこの度 そのママとやっと切れた 幸薄い彼女 収入はない癖に プライドだけはいっちょ前な 家に嫁ぎ 独楽鼠のように働かされ 夫の収入では 子ども2人に十分な教育を受けさせられないからと 自分の親が 子供の学…

黒い心

3月に入ってすぐ 知り合い3人で会った 四十路より一回り上の2人は 実家の両親が最近呆けてきている そんな話をしていた うち一人は 土地持ちのお嬢様で 幼い頃から 物は欲しいと思う前に買い与えられていた そんな話をしていて 50を過ぎた今でも 家 車 日…

帰る場所を作る

毒親と正式に絶縁をしてから数か月がたつ町で スーパーで お母さんと歩いている方と見ると 本当に羨ましい 一緒にランチをしたり 旅行に行ったり 気軽に行き来したり 産後は実家で親に甘えて 娘返り 孫の面倒を見て貰ったり どれも四十路は手にいれられなか…

疲れた

タイトル通り 疲れて寝込んでしまった 夫のバカっぷりに また親を巻き込み 四十路にまでその迷惑は及び 春に予定していた 旅行も自粛キャンセル これから長い話し合いが始まる 今年は親との絶縁に始まり 資金繰 どうなるのだろう とりあえず自分の金を貯めな…

半端なボンボンの末路

主人のこと借金をするのは 朝飯前彼は 若い頃 お金に困ったことがない今は 消費者金融や 際どい闇金一歩手前まで借りてると思われる貧しく育った四十路はお金には がめつく 金の価値は誰よりもわかっている 金に翻弄された若い頃 それでも借金やローンだけは…

友達がいない

タイトル通り 四十路には 友達がいない 2人いる1人は 10代の時からの友達 年に1度位しか会わないけれど 今でも会えば 当時に戻れるようで楽しい 見栄とか損得勘定みたいなものも そこには全くない もう1人は3年前に知り合った これは男性 ウマがあって 週…

毒親連鎖の恐怖

機能不全家族の代表のような家庭で育った四十路は 家庭や家族が いまいちわからない 両親の愛情 これもわからない 親とは 子が思い通りに育たないと 罵り 切れる ストレスのはけ口にする そんなイメージしかない 自身も子供を産み育てていると どれだけ酷い…

恋しい存在

自分の父と母ではなく 世間で一般的に言われている おかあさん おとうさん ママ パパ その存在が恋しい 自分がこの世に生を受けている以上 誰もが平等に持つものと思われているが 四十路のように 毒親に育てられた人間にとっては 一生手に入れる事の出来ない…

不信

主人は 元々 とても冷たい人間です 自分の事しか見えない よって 子供の事も 放置だし 興味もない 例え肉親でも 自分は自分 人は人 若い頃に 親の事は随分とこまらせたようだが 溢れんばかりの愛情を注がれて 今は 親の事だけは大切にしている 四十路抜きで…

それでもあたしは生きて行く

寝ても寝ても 慢性的に眠くて怠い 浅い眠りに 苦しめられる主人は 週の4日は夜中か朝に 酷く酔って帰宅する その騒音で 更に眠れない 親と絶縁 夫と不仲 これからどうやって生きて行こう 眠れない夜は そんな事を考える 今 四十路が出来る事 3人の子供達に …

満たされるコップと心の穴

物心ついたときから 人を羨んでいた 貧しくお下がりとぼろ服ばかりで育てられ ヒステリックな毒母との暮らしは 今思い出しても最悪でした 四十路は愛される事を知らない 孤独な子供でした 子供は生まれるときにコップを1つ持って 産まれてくるとか そのコッ…

なんだか落ち込む

落ち込む 昨日はバイトだった 正式なアルバイトとは違うものの 収入になる以上 四十路には大切な資金源と今後を約束するもの 疲れて2度ねで昼過ぎまで寝てしまった 起きると 夫から事務的な敬語のメールが届いていた この人との関係は もう心が通う温かい物…

人と続かない

四十路は人付き合いが続かない 今朝 ふとしたことで 子供が小さい頃に仲が良かったお母さんと やりとりをした 随分と懐かしい話が沢山出てくる それぞれのお子さんの進路まで知っているからには 今でも会っているのだろう やりとりをしていて 懐かしかったけ…

完全に諦める

ここ数年 夫とは寝室も別で まったく心も通っていない結婚10年以上も立てば こんな話はざらで もう諦めている あの手この手で頑張った時期もあったけれど もう諦めた 夫婦とは幾多の苦難を乗り越え 結びつきが強くなる 若い頃はこんな事を考えていて 必死…

耐える

2017年は波乱の年になりそうです 実家から逃げるように 早くに結婚した四十路 自分で言うのもおかしいが 本当に頑張ってきた その理由の1つに 頼れる親はいないも同然だったから 夫が浮気したとき 手をあげられたとき 子育ても一人で頑張った 産後に帰る…

現在のアルバイト

鬱で虚弱体質な四十路最近は更年期障害も足されてきているような働く気はないけれど アルバイトをしている性格には 一般的にはアルバイトと認めらぬような行為を アルバイトだと思って取り組んでいる収入はまちまち 夫のプライドの為 暮らしは夫に支えられて…

アルバイトの思い出

高校に入学してから アルバイトをしてみたいと思いだした 毒親が女子高生が満足できる額のお小遣いをくれる訳もなく それでも 村みたいな町から 初めての バスと電車を通学が出来る身になり 少しだけ自由が手に入れられたような気分で 嬉しかった 新しい友達…

低迷中

今朝 主人と喧嘩をしたからなのか なんだか一日冴えなかったのです 今週に上の子の保護者会があるのも 気が滅入る原因の一つなのかも そっちのママ友は複雑で もう一人でいたい でも連絡をしなければしないで 年配ママが確実に臍をまげて面倒そうです 主人と…

あたしは悪い子

幼い頃 母が四十路を叩くのも 父が四十路を蹴る事も 毎日イライラして怒鳴られる事も 何か気に食わない事をしてしまったら 1時間も2時間も必死に誤り続ける事も すべて あたしは悪い子だから しかたないんだ なんで あたしは良い子じゃないんだろう そんな…

絶縁まで③

自分のされてきた事 悲しかった事 もっと愛されたかった事 褒められたかった事 親にぶちまけたのは初めて 言い出したらキリがない 実の親子なら何を言っても良い やっても良い それが許せなかった 母からの返信 「不器用な父さんの精一杯の歩みよりだと思い…

絶縁まで②

父からのメールを見たときに 我慢していた物が完全に壊れたようで 涙が拭いても拭いても出てくる 暫くして声をあげてわんわんと泣く スマホを握りしめて 「感情的にメールを送ってこないで下さい こちらこそもう2度とお世話になる事はありません」 送り返し…

絶縁まで①

幼少期を思い起こせば 両親から 叩かれたこと 罵られたこと 貧しかったこと そんなことばかりを思い出す とは言え 四十路も3人の子を持つ親となり あの人達も 貧しい中必死に四十路を育ててくれたのであろう 老い先短い彼等に 愚痴を言うより 四十路の出来…

母の遺産と放蕩記

5年程前からでしょうか 児童虐待 毒親関連の本を暇を見つけては読んでいる 毒親関連の本は何度も泣きながら 思い出しながら まともな親の元に生まれる事が出来なかった自分を憐れむ 児童虐待の本も 目をそむけたくなるようなシーンもしっかりと読む ジャン…

受け身な人

長く付き合いのあった ママ友達を切ろうと思ったには訳もあり 受け身なのである 受け身だけじゃなくて 受け身の癖に文句は一丁前 ランチのお店も人に決めさせておいて文句を言う あとは誰かが動いて必ず誘ってもらえるとおもっている 最近 更年期なのか文句…

3食昼寝付

少しばかりの収入はあるものの 四十路は基本的には主婦 資格もなく 今後働くつもりもない 身体も弱いし 人間関係も面倒だし これといって料理が凄く上手だとか 優しく気の利く妻だとか それもない 夫には感謝せねば 両親ともほぼ絶縁状態 毒親育ちで 性格も…

2017年の目標

人付き合いをリセット どうやら四十路は人付き合いが苦手らしい だったら もう 人と付き合う必要なんてない 人とは付き合わない でも 人には迷惑はかけない これで十分 ここ数年年賀状だけの付き合いをしていた人々には年賀状を返さなければ その縁すらも2…

それさえも

小学校の高学年の頃だったかと思う 明星の付録で光GENJIのポスターがついていた 嬉しくて部屋の机の横に貼ってみる部屋と言っても貧しい四十路家は当然一人部屋ではなく 皆で寝る和室の隅に机をおいてもらっていた どう何を工夫しても可愛い部屋にはならなか…

毒親連鎖

毒親育ちの連鎖 四十路はあんな親にはなりたくない そのように固く決意した筈なのに 子供の成長に伴い まるであんな親になってしまう事が多々あり 落ち込む 母親は常にヒステリックで恨みがましく恩着せがましく 人を見れば鬼と思え 一寸先は闇 そんな事しか…

ママ友なんてゴミ同然

上の子供が小さな時からのママ友がいる多い時は6人位でランチだ映画だと その中の2人が揉めたり 入れ替わり立ち替わりで現在は3人グループ昨年11月のランチを最後にこちらも脱退決意 1人の50を過ぎた人が本当に嫌いだから 弛み切った顔に緩んだ身体…

毒親の呪縛

とんでもない親に育てられたと思うでもこれは大人になってから理解出来た事 子供の頃は自分の親は何かおかしいけれどとんでもない親だとは思わなかった そしてとんでもない親に育てられた呪縛 後遺症はいまだに抜けずおそらく一生苦しむことになるのでしょう…

四十路のプロフィール

四十路女の心のうちを徒然なるままに 四十路キーワード虚弱体質 貧しくも世間体ばかり気にする親の元で育つ1人が好きな寂しがり結婚生活何年か忘れたけど夫も嫌い 趣味は昼寝 友達はいない 親友は1人 過眠 鬱気味 40年間生きてきて気付かされた事 四十路…